薬剤師が高額求人で見落としがちな6つのポイント

さて、これからは高額求人を選ぶ前に【絶対に注意していただきたいポイント】をお伝えします。
年収/時給だけに目がいってしまって、その他の条件や募集の背景を見落としてしまうと、せっかく希望通りの収入を獲得したのに、すぐに退職する事態にもなりかねません!高額求人で後悔しないように、ぜひ参考にしてください。

① 求人の募集をしている長さ

求人検索をしているときに「いつもこの求人見かけるなぁ」と思ったことはありませんか?ずっと募集が出ている求人は、新しい薬剤師が入っては辞めて、入っては辞めての繰り返しで、常に募集をしている可能性があります。
その理由としては、
・感じの悪い同僚がいて薬剤師が定着しない
・クセが強い社長がいて、すぐ人が辞める
・門前のドクターが厳し過ぎる

などが考えられます。
いくら高い給与をもらっても、薬局での人間関係が上手くいかないと、長く働くのは難しいですよね。

② 病院・薬局内の忙しさ

 以前のページでご紹介したように、「緊急で募集しているから高い給料を払う」というケースが多いです。そのため、【いきなり即戦力】を期待するケースも少なくありません。
そこで、事前に科目、枚数、薬剤師人数、募集理由などを必ず確認しておくことをオススメします。
 また「一人薬剤師」であるかどうか?その際、事務さんや応需先ドクターはどんな方か?といったこともチェックしましょう。
事務さんとのやりとりが難しく、そして一人薬剤師であるがゆえに誰にも相談できない・・・。そんなお悩みを抱えてすぐに退職してしまった薬剤師さんもいらっしゃいます。

③ 年収/時給の昇給

実はあまり知られていないのですが、高年収の求人では「昇給がないこと」も多いのです。毎年、年収が上がらない代わりに、いきなり高年収を提示しているパターンです。
そのため入社前に昇給について必ず確認しておいてください。年1回の昇給が無いなんて、月々のお給料が高くてもちょっとモチベーションが下がってしまいますよね。

④ 休み、勤務時間

住居付き/住居用意の求人の場合は、休みやシフトの希望を出しても全然通らず、会社の都合が優先されてしまうケースがあります。もちろん、企業によっては月に何度かは土日も含め、好きに休みを取得できるケースもありますので、休みやシフトについても、事前に確認しておいた方が勤務後のトラブルを避けられます。
また、正社員の場合は、薬局側としては「高い年収を払っているんだから、他の薬剤師よりも多くの時間しっかりと働いてもらいたい」と考えるケースも多いです。残業が月にどれくらいあるのか、休日出勤はあるのか等、事前の確認が必要です。

⑤ 住居

高額求人が出やすいのは都会よりも地方だ、ということは先の「高額求人がある地域、ない地域」でご説明させていただきました。そのため、地方で「住居付き」の派遣求人が出ることは少なくありません。
派遣の場合は、マンスリーマンションを無料で用意されることが多いです。その際に、【住まいそのものに問題がある】といった問題も起こりえます。例えば、壁が多少薄かったり、勤務先へのアクセスが不便だったり。※もちろん、薬局から近くて、住みやすい住居を用意してくださる場合がほとんどですが・・・。ちなみに、アプロでは、住居に関するやりとりも担当者が間に入って調整しますので、ご安心ください。
また約2週間などの短期間での勤務の場合は、ホテルが用意される場合もあります。「部屋も清潔で快適だったし、朝食付きでとても快適だった」と好意的なお声も多いのが、ホテル付きの高額求人です。

また、田舎に行くほど周りには何もなくて、生活するのがなかなか厳しい・・・と思っていらっしゃる薬剤師さんが多いですが、そこに住んでいる方がいる以上、【基本的な生活に不便なところに薬局がある】ということはまれです。たしかに「娯楽が少ない」ということはありえますが、見方を変えると「散財する場所がない」ともいえます。実際、短期間でお金を貯めたいという薬剤師さんからは「貯金するのには最適だ!」というお声も頂戴しています。

⑥ 勤務期間

例えば、やっと見つけた時給5,000円の派遣求人。・・・しかし、その高時給は【期間限定】の場合があります。時期が過ぎれば元の時給に戻ってしまう/継続ができなくなってしまうというケースです。
契約社員・派遣の勤務形態の場合等は、特に注意すべきポイントです。
また、正社員の場合でも、「評価によって年収が下がることはあるのか?」「どのように年収が決まるのか?」といったポイントを抑えておきましょう。アプロにご相談いただいた薬剤師さんから話を聞くと、ここをいい加減にしてしまい、1~2年間だけは年収が高かったが、それ以降は年収が下がってしまったという話をしばしばお聞きします。
スタート時はもちろんのこと、それがいつまで続くのか?数年後の条件などは必ず確認しておきましょう。

薬剤師の高年収・高時給求人を探す