ママ薬剤師におすすめ!パートでの働き方

【薬剤師】派遣orパート?あなたに向いている働き方は?

年々薬剤師さんが派遣で働くことが認知され、アプロ・ドットコムにも「派遣とパート、どっちが向いているんでしょうか?」というお問い合わせが増えてきました。

パートと派遣は、フルタイムではなくパートタイムで働くことができるという点で共通しています。
どちらも、子育てや家事と両立させて働きたい薬剤師の方に人気の働き方です。

似ている点があるため、本来はパートに向いているのに派遣で働いていたり、逆に派遣に向いているのにパートで働いていたりする薬剤師さんもたくさんいると思います。

そこで今回は、あなたが派遣に向いているのか、パートに向いているのか見極めるポイントをご紹介します。

続きを読む

パート薬剤師の悩み。職場の「人間関係」を良くするには?

仕事中、もしくはプライベートでも人間関係での悩みがあるという方はたくさんいらっしゃると思います。

薬剤師さんの中でも、人間関係に悩む方は少なくありません。

アプロ・ドットコムにご相談いただいた薬剤師さんに退職理由を聞き、回答を集計しました。
その結果、職場の人間関係(上司・同僚)が最も多く、次いで労働時間・環境が不満、家庭の事情(転勤や介護)、仕事内容が面白くないというデータになりました。

特に、パート薬剤師さんは正社員との人間関係に悩むことが多いということが、このアンケートの結果から分かりました。

そこで今回は、人間関係の悩みがあるパート薬剤師さんへ職場での人間関係を良くする行動をご紹介します。

続きを読む

扶養内での「損しない」働き方、そのメリットとは?徹底解説

赤ちゃんと遊ぶ女性の写真

「扶養の範囲内で働きたい」という薬剤師さんはたくさんいらっしゃいますが、扶養の範囲内で働くことでどのようなメリットがあるかご存じですか?
そもそも扶養内で働くとは、「給与所得から公的なお金をひかれずに働く」こと。
妻が夫の扶養に入り、社会保険に入ったり所得税を支払ったりせずに、一定金額の中で働くことを「扶養内で働く」と一般的には言います。

「扶養内という言葉は知っているけれど、どのような働き方なのかわからない」「どうすれば損をしないで働けるのか知りたい」という方向けに、扶養内での損しない働き方を徹底解説します。 続きを読む

ママ薬剤師の働き方は単発派遣がベスト!?

男性薬剤師と女性薬剤師の写真

女性の薬剤師さんの中には
妊娠や出産によってブランクができてしまうことを
心配している方がたくさんいらっしゃいます。

お子さんが成長したらフルタイムでバリバリ働きたい、

正社員に復帰したいと考えているママ薬剤師さんは
特に不安が大きいのではないかと思います。

そこで、今回はママ薬剤師さんに
おすすめの働き方をご紹介します。

続きを読む

曜日固定より働きやすい注目の職場とは?

座っている女性薬剤師の写真

パートや派遣の求人を見ていると、
「週○日以上から可能」という記載をよく目にすると思います。
この「週○日以上から可能」という文言ですが、
実は「曜日固定」を意味することが多いです。

薬局側の意図としては、
週○日曜日固定でシフトに入ってくれる
派遣やパートの薬剤師を採用することで、
正社員の薬剤師さんの休みを調整したいと考えています。
その方が正社員の薬剤師さんも
休みの把握がしやすくなります。

「週1日、日曜日のみ」のような派遣・パート求人が出ることも
決して珍しいことではありません。

続きを読む

薬剤師必見!おさえるべき年収・時給の決まり方

MONEYと書かれたブロックの写真

薬剤師さんの中には、年収 や 時給を一番重要視して転職するという方はたくさんいます。
自由に使えるお金を増やしたい、子供の教育費のためになど、給与を重視する理由は様々だと思います。
このコラムでは、薬剤師さんが絶対におさえておくべき年収・時給の決まり方をご紹介します。
続きを読む

【薬剤師必見】パートと派遣の違いとは?どちらがおすすめか紹介

「月曜と金曜だけ」や「午前10時~午後3時」といったように、正社員よりも働く日数や時間を短くすることができるのがパート社員です。

薬剤師さんの中にはパート勤務で週20時間程度働いたり、扶養の範囲内で週1、2回だけ働いたりする方もたくさんいらっしゃいます。
このようにパートは、自分のライフスタイルに合った働き方ができることが一番のメリットです。

時間の都合がつきやすいという面では派遣と比較して考える薬剤師さんも多くいらっしゃると思います。
このコラムではパートと派遣の違いや、薬剤師さんがパート勤務をしたときにどのような働き方ができるのかを解説していきます。
続きを読む