• TOP
  • スタッフブログ
  • プロのアドバイスを活かそう!薬剤師の転職を成功させる7つのステップ

スタッフブログ

薬剤師の仕事・働き方・キャリアに関するトピックスから、最新の薬剤師求人、派遣や単発派遣に関する法律やルールまで。薬剤師の最新事情に精通したアプロ・ドットコムのスタッフが、就職・転職に役立つ記事を配信いたします。

薬剤師の仕事・キャリア

2023.07.25

プロのアドバイスを活かそう!薬剤師の転職を成功させる7つのステップ

  • 薬剤師
  • 転職
  • 求人
  • 人材紹介
  • 採用

薬剤師として転職する理由を深堀りして決意したら、求人を探すステップへ移行します。次の7つのステップについて順に考え、転職を成功させましょう。

1.なりたい将来像をイメージする

薬剤師としてどのようなキャリアを描きたいのか、10年後、30年後の未来を考えてみてください。子育てと両立しながら薬剤師を続けていきたい、患者様に寄り添って信頼される薬剤師になりたい、管理薬剤師にキャリアアップしたいなど、人それぞれです。

自分の将来像を明確に描くことによって、逆算してどのような経験を積めばいいかが見えてきます。

2.希望を書き出す

研修が充実している、通勤時間が短い、多くの科目を経験できる、給与が多いなど、新しい職場への希望を全て書き出します。

たとえば、監査システムなど設備が整っている、有給が使いやすいなど当たり前だと思っている内容でも、薬局ごとに条件はさまざまです。当たり前だと思っている内容も省略せずに書き出しましょう。

3.条件を整理する

大きなものから小さなものまで、希望を書き出したら条件を整理します。絶対に実現したい内容、これが実現できないなら転職しないという内容は「MUST」、あればうれしいものを「WANT」に分類します。

たとえば、休みは多い方がいいが週休2日が確保できれば良いと考えている場合は、週休2日が「MUST」、それ以上の休日が「WANT」です。判断に迷った場合、その内容は「WANT」に分類します。

条件を全て「MUST」と「WANT」に分類したら、その中でさらに優先順位をつけていきます。「MUST」の最上位にくるものが転職したい最も大きな理由です。

優先順位を明確にしておくことで、この後の求人選びがスムーズに進みます。

4.求人を探す

転職先に求めるものが明確になってから、求人を探し始めます。求人は自分で探すことも可能ですが、働きながらの忙しい日々で、膨大な求人の中から自分にあった求人を探し出すことは困難です。

そのため、人材紹介会社を利用することを強くおすすめします。

薬剤師の転職支援専門の人材紹介会社は、薬剤師の求人や職場事情に詳しいので、求人情報からではわからない職場の雰囲気や実情も把握しています。

また、時給やシフトなどの勤務条件も、人材紹介会社の交渉次第で変更することも可能です。

5.人材紹介会社に相談する

仕事を辞めてから転職について相談する場合、収入面での不安が強くなり妥協することになりがちです。そのため、転職を迷っている段階で、相談をするのが成功させる秘訣です。

人材紹介会社は求人選びだけでなく、転職理由の深堀りやキャリアプランの検討など、プロの視点からサポートしてくれます。

第三者の視点が入ることによって、情報も整理されるほか、自分では気づかない悩みや強みを把握することも可能です。

転職を全面的にサポートしてくれる人材紹介会社は、慎重に選びましょう。2つの点を満たしているか、必ずチェックしてください。

1つ目は、人材紹介会社のコーディネーターが職場への希望条件だけでなく、転職理由も聞いてくることです。求人を紹介するため希望条件を聞くのは当然ですが、辞めたい理由を聞かない人材紹介会社も存在します。辞めたい理由が明確にわからないと、転職しても不満や悩みが解決しないかもしれません。

転職理由を聞かない会社は転職をさせて実績を作りたいだけ会社の可能性があります。親身になって悩み解決のために動いてくれる会社は信頼できます。

2つ目は、転職先のデメリットも教えてくれることです。人材紹介会社は転職させたいため、転職先の良い面しか伝えないことがよくあります。

しかし、実際は求人ごとにメリット、デメリットが存在します。何も知らないまま転職をしたら、人間関係が険悪だった、求人情報とは異なる残業時間があったなどトラブルが発生しがちです。

尋ねてもデメリットはありませんと回答する会社は、情報を隠している可能性があるため、選んではいけません。

6.自分が主導権を握る

転職を成功させるために人材紹介会社の利用が欠かせませんが、転職をするのはあなたです。主導権は必ず転職するあなたが握ってください。

働きながら転職をする方は面談の日程や連絡をする時間などに制限があるでしょう。たとえば、「○日までにメールで求人情報を送ってください」「お電話での連絡は○時以降にお願いします」など、期限や連絡手段の希望は必ず伝えておきます。

この希望を守ってくれない人材紹介会社は、あなたの転職の成功よりも自社の都合を優先する可能性が高いため注意が必要です。

また、希望を伝えた際に「○日までに、求人をご紹介します。そこから面接に進むかなど、感想を1週間後にいだきたいのですが」など、先のスケジュールを提案してくれる会社の場合、スムーズに転職活動が進むでしょう。

7.自分の希望は詳細に伝える

年収を増やしたい場合、具体的にいくらでしょうか。早く帰れる職場がいい場合、終業時間の希望は何時でしょうか。

曖昧な言葉を使うと、お互いの認識にずれが生じます。年収500万円以上、18時終業希望など、数字を使って明確に伝えましょう。

また、雰囲気が良い職場、忙しくない店舗という言葉にも注意が必要です。入社半年以内に辞めたスタッフがいない、薬剤師一人の処方せん枚数が平均○枚以下など、人材紹介会社の担当者と条件をすり合わせておきましょう。

転職を成功させたいなら、ます「アプロ・ドットコム」に相談を

1998年の創業以来、薬剤師の求人・転職支援に尽力してきた「アプロ・ドットコム」。

経験豊富なキャリアアドバイザーが転職理由の深堀り、キャリアプランの描き方、求人の紹介、面接対策など採用まで親身になってサポートします。忙しい方でも、転職未経験の方でも安心してお任せください。

薬剤師の求人情報はこちら