派遣薬剤師が時給を上げたいなら・・・

チェックボックスの写真

今回は、派遣薬剤師さんが時給を上げるテクニックの
第二弾をご紹介します。

第一弾では時給アップのタイミングについて
お話ししました。

その時に「契約更新時」が時給アップのタイミングの一つだと
ご紹介しましたよね。
第一弾はこちらからご覧ください!

更新のタイミングは、ご存じの通り
派遣薬剤師さんが契約条件を見直す上で
重要なタイミングです。

スマートフォンの契約期間が満了になったときに、
格安のものへ乗り換えを検討したり
キャリアの変更を検討したりしたことがある方も
多いのではないでしょうか?

実はこれは、派遣薬剤師の
契約更新時にも当てはまるのです・・・。 “派遣薬剤師が時給を上げたいなら・・・” の続きを読む

薬剤師が高年収/高時給を東京や大阪で手に入れるには

会話をする白衣の男性の写真

この記事では、薬剤師さんが東京や大阪などの都市部にいながら
高年収/高時給を手に入れる方法をお伝えしたいと思います。

東京や大阪などの都市部の薬剤師さんが高収入を得るには
どうすれば良いのでしょうか? “薬剤師が高年収/高時給を東京や大阪で手に入れるには” の続きを読む

曜日固定より働きやすい注目の職場とは?

座っている女性薬剤師の写真

パートや派遣の求人を見ていると、
「週○日以上から可能」という記載をよく目にすると思います。
この「週○日以上から可能」という文言ですが、
実は「曜日固定」を意味することが多いです。

薬局側の意図としては、
週○日曜日固定でシフトに入ってくれる
派遣やパートの薬剤師を採用することで、
正社員の薬剤師さんの休みを調整したいと考えています。
その方が正社員の薬剤師さんも
休みの把握がしやすくなります。

「週1日、日曜日のみ」のような派遣・パート求人が出ることも
決して珍しいことではありません。

“曜日固定より働きやすい注目の職場とは?” の続きを読む

派遣薬剤師の不安:働ける時間が少ないけど大丈夫?

白衣を着た女性と男性の写真

派遣勤務を希望される薬剤師さんの中には
「やりたいことがあるので土曜日・日曜日しか働けません」
「家事をしなければいけないので17時までしか働けないんです」

といった勤務時間に対しての制限があることに、
不安を感じる方が多くいらっしゃいます。

そして、「それでも勤務できますか?・・・」とご質問される薬剤師さんが
ほとんどです。

今回は、派遣で働く場合の勤務時間について取り上げます。

また、少しでも派遣薬剤師という働き方に
不安を感じている方の参考になるように、
初めて勤務した方の体験談もご紹介します。

“派遣薬剤師の不安:働ける時間が少ないけど大丈夫?” の続きを読む

薬剤師が派遣の時給アップを狙うなら・・・

錠剤と虫眼鏡の写真

周りの薬剤師の友人より派遣時給が安い・・・
もうちょっと稼げたらなあ・・・
と、悶々としながら日々働いてる薬剤師さんも
たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

実際「時給が○円以上ならこの薬局さんで働きたいんだけど・・・」と
時給を気にしている薬剤師さんも多く見かけます。

今回はそんな薬剤師さんのために、
派遣薬剤師さんが時給アップのためのテクニックをご紹介します。

“薬剤師が派遣の時給アップを狙うなら・・・” の続きを読む

薬剤師必見!おさえるべき年収・時給の決まり方

MONEYと書かれたブロックの写真

薬剤師さんの中には、転職・就職を考えたときに
一番重視するのは「年収 / 時給」という方はたくさんいます。
自由に使えるお金を増やしたい、
子供の教育費のためになど、給与を重視する理由は様々だと思います。
このコラムでは、薬剤師さんが絶対におさえておくべき
年収・時給の決まり方をご紹介します。
“薬剤師必見!おさえるべき年収・時給の決まり方” の続きを読む

薬剤師が知っておくべき2つの在宅業務

施設の部屋の写真

厚生省の方針で、対物業務から対人業務へという方向性が示されている中で、在宅医療が推進されているということは、多くの薬剤師さんがご存じだと思います。

そうした中で、薬剤師さんの業務も今後大きく変わっていくことが予測されます。
実際に、薬局さんの中でも在宅業務を始める店舗が増えてきており、
それに伴って在宅業務の求人も増加しつつあります。

お薬手帳の写真

患者さんのもとを訪問する在宅業務といっても、
個人宅への訪問と施設への訪問の2つがあることはご存じでしたか?
「在宅業務」と聞くと、なんとなく個人宅をイメージしている薬剤師さんが
多いのではないでしょか。

しかし、個人宅と施設の両方の実態を正確に把握しておかないと、

「思っていたものと違う」
「自分のやりたい仕事ができない」
「薬剤師としてのやりがいが得られない」ということになりかねません。

では、個人宅訪問と施設訪問では、
どのような違いがあるのでしょうか?

“薬剤師が知っておくべき2つの在宅業務” の続きを読む

薬剤師でも単発勤務ができない人がいる?

座っている女性薬剤師の写真

単発勤務は、今の職場をやめる必要なく、
・プラスで収入を得ることができる。
・興味のある科目に挑戦できる
・ほかの薬局を体験できる
などの多くのメリットがあります。

多くの薬剤師さんが、
正社員で働きながら、パートで働きながら、
「副業」のような立ち位置で掛け持ち勤務をしています。

メジャーになりつつある薬剤師の単発派遣ですが、
実は勤務ができない方がいるというのはご存じでしょうか。

今回は、絶対に押さえておきたい
掛け持ち勤務のポイントと
単発勤務に向いているのかいないのか
判断ポイントをご紹介します。

“薬剤師でも単発勤務ができない人がいる?” の続きを読む

【薬剤師必見】派遣の勤務時間にはワナがある!? 

錠剤と虫眼鏡の写真

薬局の派遣求人にある「開局時間」と「勤務時間」。
開局時間は薬局が開局している1日の時間、
勤務時間は薬局で働く時間だということは
想像がつく薬剤師さんも多いと思います。
しかし、この二つの時間を見たときに
注意しなければいけないことがあります。
それは、必ずしも「開局時間=勤務時間」ではないということです。

これらを間違えて理解してしまうと、
「時間が自分のライフスタイルに合わないから派遣に転職したのに、
同じことの繰り返しになってしまった」と、
転職で叶えたかった条件を叶えられない可能性も出てきます。

では、薬剤師さんが薬局求人の実働時間を正しく見極めるためには
どうすれば良いのでしょうか。

“【薬剤師必見】派遣の勤務時間にはワナがある!? ” の続きを読む