薬剤師必見!高額求人の活用例

このページでは、実際に高年収・高時給で働いている方にお聞きした体験談をお届けします。関東・関西などの都心部と地方、高年収と高時給とパターン別にお伝えしますので、興味のあるところからご一読ください。

高年収で働く ~都心部(関東・関西)~
勤務薬剤師なのに年収610万円!

====================
・年齢:42歳
・性別:女性
・勤務先:兵庫県西宮市
・職歴:調剤経験約 20年
・年収:610万円
====================
Nさんは、もともと勤務していた薬局で、薬局長の補佐をしていました。しかし、上司である薬局長は何よりも売上重視。患者様よりもお店の売上が第一です。
薬局長はもともと大学病院前の薬局で十数人も薬剤師がいる大きな薬局で勤務していました。Nさんは薬局長の患者様を軽視する発言を毎日聞かされるのに耐えられなくなり、転職活動を始めたのです。

Nさんが選んだ薬局は、2店舗を行き来するような勤務形態でした。もちろん両店舗ともに自宅からムリなく通える範囲の薬局。
前の職場で薬局長の補佐として仕事をしてきた経験と、1店舗固定での勤務ではなく、フレキシブルに対応できる、という点が評価されて、勤務薬剤師ですが年収610万円で転職されました。
後日、Nさんからお話を伺うと、以前のように薬局長の発言にイライラすることもなくなって仕事に集中できる、とのこと。現在も順調に勤務されています。

「最初は2つの店舗をかけもちで勤務することが不安でしたが、問題なくやれています。在宅にも興味があるので、注力していきたいと考えており、自分主導で在宅に積極的に関わっていきたいです」とNさんは志し高く、おっしゃっていました。

高年収で働く ~地方~
新規薬局の立上げに参加して年収700万円!

====================
・年齢:35歳
・性別:男性
・勤務先:長崎県大村市
・職歴:調剤経験約 11年
・年収:700万円+住宅補助60万円
====================
Kさんは将来独立したい、という目標を持っていました。そこで、自分が薬局を開業するために、新規薬局の立ち上げを経験したいと考えており、転職のためにアプロにご登録いただきました。そして、担当者がある新規開局の求人をご紹介しました。
その求人は普通とは違い、新規開局に関わる多くの業務を経験できる求人だったのです。社長に同行してドクターとの折衝をしたり、採用薬を決めたり、調剤室のレイアウトを考えたり、事務の採用面談をしたり・・・と新規開局のあらゆる業務に関わりました。
「普通の薬剤師では、絶対にできない経験ができました。将来自分が独立する上で、役に立つ経験ができました」とKさんはおっしゃっていました。

高時給で働く ~都市部(関東・関西)~
地方に行かなくても時給3,500円!

====================
・年齢:29歳
・性別:女性
・勤務先:埼玉県
・職歴:調剤経験 約7年
・時給:3,500円(住居付き)
====================
Sさんには薬剤師のお仕事以外にもやりたいことがあり、そのために勉強をしたいと思っていました。その勉強のためにお金がかかるため、高時給の案件を探していました。しかし、いくら時給が高くても、家族も友人もいない地方には行きたくない、ということで、一都三県で高時給の求人をご希望でした。
そこで、時給3,500円の埼玉県の薬局(しかも住居付き)をアプロはSさんにご紹介しました。埼玉県で住居付きの案件が出るのはとてもめずらしく、希少な案件です。
Sさんは、首都圏内で、こんな良い条件で働けるなんて!と驚いていました。
「夜23時までの勤務」「土日勤務(平日に週休二日)」という条件の勤務で、時給は3,500円で住居付きという貴重な求人でした。Sさんは帰りが遅くなることは全く構わなかったので、こちらの薬局に決めました。処方箋は1日150枚前後。2~4名体制で、開局時間は9時~23時。夜は比較的空いています。

Sさんは【高額時給】【都心から近い】【忙しすぎない】という条件で仕事を探していたので、見事その願いが叶えられました。
「夜遅くても、19時を過ぎてからはお客様は少ないので、思ったよりもゆったりと仕事ができ、ストレスは少なかったです」とSさんはおっしゃっていました。

高時給で働く ~地方~
両親の介護のため実家近くで時給4,500円!

====================
・年齢:56歳
・性別:女性
・勤務先:秋田県三種町
・職歴:調剤経験約 33年
・年収:時給4,500円(住居付き)
====================
都内在住のTさんは大学生のお子様が2人いらっしゃり、ご両親は秋田で暮らしています。ご両親が高齢になり、介護のために実家の近くに帰りたい、と思っていました。しかし、息子達の学費も稼がなくてはいけないという悩みもありました。 そんな中、見つけたのが秋田県での時給4,500円の派遣求人。薬剤師さんが集まり辛い秋田県でも特に薬剤師不足の三種町でしたので、これだけの高時給が出ました。もちろん派遣先は、一人薬剤師ではありませんし、普通の内科の門前薬局。

Sさんとしては、「実家の近くで時給4,500円で働けて本当によかったです。両親の面倒も見ながら、息子の学費もしっかりと稼げたので、とても助かりました」とおっしゃっていました。

薬剤師の高年収・高時給求人を探す