薬剤師の「派遣」について、絶対に知っておきたい4つの事実

「薬剤師派遣」という言葉を聞くと、ネガティブなイメージを持つ方もいらっしゃると思います。
それは薬剤師派遣が始まった当初の派遣のイメージであり、また一般企業においての派遣のイメージと同じように、薬剤師派遣が語られてしまっているのです。

■事実1:薬剤師派遣の【印象】に関する誤解

あなたは「薬剤師派遣」に関して、どんなイメージをお持ちですか?
もしかしたら、あなたはとても大きな誤解をしているかもしません・・・。

◇薬剤師派遣に関するイメージは?

多くの薬剤師さんにとってデメリットが多そうだというイメージが先行してしまっていますが、実際にはメリットも多く、派遣という勤務形態を希望する薬剤師さんが増えているのも事実です。

そこでこのブログでは、派遣について知っておかなければいけないことを徹底的に解説します。

◇薬剤師派遣について知っておきたいこと

まず薬剤師派遣の歴史や、雇用の安定性、派遣の福利厚生・保険などの誤解しがちなことについての事実をお伝えします。

次に派遣勤務があなたにとって一体どんなメリットがあるのかをお伝えし、そして最後に、実際に派遣勤務を選んだ薬剤師さんがどんな理由で派遣という勤務形態を選んだのかを実際の例を交えてお伝えいたします。

◇薬剤師派遣の歴史

薬剤師派遣の歴史はまだまだ浅く、2000年に労働者派遣法の規制緩和が行なわれてから始まりました。他の派遣業と同様に、様々な職場を経験したい人や、ご家庭の事情によってフルタイムで働けない人、短期間だけ働きたい人、
時間通りに働きたい人にとっては、とても便利な働き方であり、派遣勤務を希望する方も年々増えてきています。

しかし「派遣」という言葉に悪いイメージを持っている方もいらっしゃいます。
その原因としては2つの理由が考えられます。

◇派遣は正社員になれなかった人がなるの?

薬剤師派遣が始まった当初は、質の悪い派遣が多く、そのため良い言い方ではありませんが「派遣=使えない人」という印象を与えてしまいました。また直接雇用が主流の業界において、派遣勤務をする人は、「正社員になれなかった人」というイメージが先行してしまいました。

しかし現在では、派遣勤務をする薬剤師さんが増えたおかげで、派遣の質も底上げされておりますし、また企業側も即戦力を求めている状況がある中で、決して「正社員になれなかった人」が派遣勤務している訳ではありません。

薬剤師派遣が始まった当初とは違い、派遣の「収入」「時間」というメリットを得るために、正社員ではなく敢えて派遣を選んでいます。
一般企業の派遣のイメージは通用しない!

一般企業での派遣のイメージは、正社員と比べて給与が低い、福利厚生がない、雇用が不安定というネガティブなイメージだけが一人歩きしてしまっています。

また2008年のリーマンショック以降、製造業を中心に「派遣切り」「雇い止め」、人材派遣をめぐる違法行為の発覚など相次ぎました。そして職も家も失った若者が日雇い派遣で生計を立てながらネットカフェで寝泊まりするような状況が注目され、若年層の貧困化や「ワーキングプア」という言葉をよくニュースで見かけるようになり、ワーキングプアが社会問題化したのも、派遣のイメージが悪くなった原因となります。

しかし、そのような一般企業の派遣のイメージは薬剤師派遣には当てはまりません。実際に派遣勤務を選んでいる薬剤師さんは、ご自身の目的のために派遣のメリットである「収入」と「時間」を最大限に活かしている自由な働き方をされています。

■事実2:派遣薬剤師の【働き方】に関する誤解

あなたが派遣薬剤師に対して思っている「働き方」に関して、こちらでご説明させてください。この事実を知っておくことは、きっとあなたのお役に立つはずです。

◇派遣薬剤師って本当に不安定?

派遣は短い期間で職場が変わることが多いのは事実ですが、派遣という働き方は、タイミングごとにベストな仕事を選んでいただけるというメリットがあります。

例えば、「今よりも、時給の高い求人が見つかった」「今よりも、自宅に近い求人が見つかった」「現在の職場で勤務継続の依頼がきた」、短い期間の中で、あなたのご希望に合わせてベストな選択肢を選ぶ事が可能なのです。

現在、派遣のニーズが増えており、毎年右肩上がりで新しい求人が出ておりますし、アプロ・ドットコムでは、合計11,339件の派遣求人をご用意しておりますので仕事が無くなってしまった、どうしよう!!とあなたを困らせることは絶対にありませんので、そのような心配はご無用です。

◇派遣薬剤師の「福利厚生」「保険」に関する誤解

初めて派遣勤務をする薬剤師さんから「福利厚生はあるの?」「保険の加入は自分でやるの?」とよくご質問をいただきます。
結論からお伝えしますと、福利厚生はありますし、保険は派遣元であるアプロ・ドットコムを通して加入することが出来ます。

◇もちろん派遣薬剤師も有給休暇が取得可能です!

有給休暇については、半年間継続で勤務した際に勤務実績に応じて最大10日の有給休暇を取得することが可能です。そこから1年ごとに有給休暇が追加されていきます。

有給休暇を取得できる派遣薬剤師の方に、こちらから計画的な有給消化を促し、店舗に迷惑が掛からない範囲で有給休暇を取得していただいております。

有給休暇取得中の給与に関しては、基本全額お支払いしておりますので、この点も是非覚えていただきたいポイントとなります。

◇雇用保険や社会保険って自分で入らないといけないの?

アプロ・ドットコムで派遣勤務していただく薬剤師さんにはご自身で保険に加入していただく必要はありません。

加入対象者かつ希望者に関しては全員加入することが可能となります。

保険についても正社員・パートと同じように加入することができますのでご安心ください!

①社会保険(健康保険・厚生年金)
「加入条件」
・1日又は1週間の労働時間が、
正社員の概ね3/4以上であること。
・1ヶ月の労働日数が、
正社員の概ね3/4以上であること。
※2か月以内の雇用期間を定めて雇用される方は適用除外

②雇用保険
「加入条件」
1週間の所定労働時間が20時間以上かつ、
31日以上雇用見込みがあること。

③薬剤師賠償責任保険
薬局等に勤務している薬剤師さんが仕事中に生じた対人・対物事故によって負う法律上の損害賠償責任を担保する保険です。
もちろん、費用や手続きはアプロ・ドットコムが全て負担しますので、無料にて安心して勤務できます。

また、12月が近づくと年末調整の時期ですが、12月に給与の支給があり、なおかつ給与支払日の時点でアプロに在籍している方で、ご希望があれば年末調整を行うことも可能です。  ※所得税欄が甲の方に限ります。

◇派遣勤務するまでが面倒くさそう

派遣登録ってなんだか面倒臭そう。そう誤解しているあなたのために、派遣勤務開始までの道のりをまとめてみました。

①気になる派遣求人へお問合せ

②派遣登録の面談
アプロ・ドットコムのオフィスに来社していただくのではなく、あなたのご都合のよい場所・お時間をご指定していただければ、そちらまでお伺いして面談を行いますので、例えば「あなたの職場の近くで仕事終わりに面談」、「あなたの休みの日にご自宅の近くで面談」とあなたのご都合を最優先して、面談を実施しております。

③企業側への打診
担当営業があなたに代わって企業側と勤務する曜日・時間の調整を行います。

④派遣勤務開始
原則として、勤務初日は担当営業が勤務先まで同行してお連れいたしますので、初めての勤務先でご不安もあるかと思いますがご安心ください。

※タイミングにもよりますが、最短で問合せがあった翌日から、勤務開始した例もあります。正社員・パートに比べて、企業側との面接がない分、勤務開始までの時間が短くて済むのも派遣のメリットのひとつです。

◇派遣薬剤師ってどんな仕事内容なの?

派遣で勤務する時に具体的にどんな仕事をするか分からなくて不安だというお声もよくお聞きしますので、こちらでは派遣薬剤師がどんな風に仕事をしているのかをお伝えします。

基本的には、正社員・パートと同じく薬局の流れに沿って勤務していただきます。
例えば朝は正社員・パートと同じように朝礼に出て勤務を開始します。しかし1点違う事と言えば、薬局内での業務で、大半の派遣薬剤師は「投薬」がメインということです。そして投薬の合間を縫って薬歴の記入を行いまして、基本的には残業は無く勤務終了となります。

気になる残業についてですが、あなたのご希望に合わせて、残業が全くない店舗をご案内することも可能ですし、逆に残業で稼ぎたい方は残業ができる店舗をご案内することも可能です。ちなみに残業代は15分毎にカウントとなりまして、もちろん残業代は時給の25%上乗せした額を支給となりますので、サービス残業を強いられる心配はありません。

こちらでは調剤薬局の仕事をピックアップしましたが、調剤薬局以外にも「在宅専門の薬局」、「OTC」、「OTC併設店」などの職場で派遣勤務をすることも可能です。是非あなたの興味がある職場を選んでいただければと思います。

また病院での派遣勤務は法律上で原則禁止となっておりますが、産休・育休を取得している薬剤師さんの代わりであれば派遣勤務が可能となります。なかなか出てこない病院での派遣求人ではありますが、タイミングが合えばあなたも病院で派遣勤務できるチャンスがあります。

■事実3:なぜ「派遣」を選択する薬剤師が増えているのか?

ここでは、派遣薬剤師が増えている理由を、あなたに知ってもらいたいと思っています。実は様々なメリットが存在するのです。

◇薬剤師が派遣で働くメリットって?

実際に派遣を選択する薬剤師さんが年々増えている事実をお解りいただけたと思いますが、なぜこのような流れになっているのでしょうか?
それは派遣という働き方には
・「収入」
・「時間」
大きくわけてこの2つのメリットがあるからです。とにかく稼ぎたいというあなたや、この時間だけしか働けないというあなたにとっては非常に便利な働き方になります。

◇「収入」について

まずは「収入」についてお伝えしますと、なんと言っても高収入を得られる点が魅力的です。正社員のようにボーナスがないのは事実ですが、その代わり月々の収入が高額になります。求人の中には時給4000円以上のものもありますので、20代で年収700万円以上の収入を得ている薬剤師さんもいらっしゃいます。

年収700万円以上を手にするためには、企業にもよりますが、勤務して数年または数十年経って、やっとポジションが空いて、管理薬剤師または薬局長まで昇進してやっと得られる収入です。しかし派遣では管理薬剤師や薬局長の
ような業務・責任を負う必要がなく、スグに高収入を得られることができます。
もちろんパートと比較した時も時給が高い求人が多く、パートから派遣に切り替えた薬剤師さんで時給が500円以上も上がったという方もいらっしゃいました。

◇「時間」について

実際に派遣勤務のメリットとして、働く時間(曜日・時間帯)、働く期間が自由に決められるという点も挙げられます。
パート勤務のように、週に2~3日、指定の曜日だけ勤務がしたいというご要望ももちろんお受け出来ますし、中には薬局さんから「忙しい午前中だけ、午後だけでも働ける薬剤師さんがいませんか?」というご要望もいただきます。

また働く期間というのも、ご自身の都合で選ぶことができます。例えば、次の転職先が決まり2週間だけ空いているのでその間だけ勤務したり、または留学の予定があるのでそれまでの間、勤務している方もいらっしゃいます。

しかし派遣期間について1点注意することがあるのですが、派遣契約の期間中は余程のことがなければ、期間中は勤務しなければいけないという事になっておりますのでご注意ください。

■事実4:派遣を選んだ6人の薬剤師のエピソード

最後に派遣薬剤師を選んだ、6人の薬剤師さんの実話をご紹介させていただきます。あなたと似ている方がいれば、ぜひご参考にしてみてください。

◇20代の薬剤師でも年収768万円!

【前職年収 500万円 ⇒ 現在年収 768万円】

20代後半のAさん(男性)は新卒から5年間大手調剤チェーンで正社員として働いていた中で、たまたま友人からの紹介で地方での期間限定の高額派遣求人があることを知りました。
①現職での不満②他の薬局も見てみたいという希望、この2つの理由が重なりまして、岐阜県で「時給4,000円」の求人を選びました。

最初は3ヶ月だけしっかりと稼ぎたいと思ってこの求人を選びましたが、岐阜県は自然が多いのに大都市の名古屋にも近いため予想以上に住みやすく、薬局でも従業員同士の仲が良く居心地が良かったため、更新を重ねて現在は1年以上勤務されています。

Aさんは「最初はあまりに高収入だったので、きっと激務だったり、労働環境が悪いんじゃないかと疑っていましたが、いざ働いてみるとそんなことはなく、むしろ前職より楽しく勤務させてもらっています」とお話ししていました。

「年収計算方法」
時給4,000円 × 160時間 = 月収64万円
月収64万円  × 12ヶ月  = 年収768万円

◇首都圏でも高収入を得て独立の資金を貯める

【前職年収 550万円 ⇒ 現在年収 830万円】

30代前半のKさん(男性)は、元々正社員で調剤薬局に勤務されていましたが、自分で事業を始めたいという思いがありました。
そのための独立資金を貯めたくて色々と、求人サイトを見たり、コンサルタントに相談してとにかく高収入の求人を探してもらいました。

しかし年収800万円以上の求人は見つかったけれども、東北や北陸の求人ばかりでした。稼ぎたいという気持ちはあるけれども、慣れ親しんだ地元の埼玉を離れることは考えられませんでした。

そこでコンサルタントから「残業で稼ぐというのはいかがですか?」という提案を受けました。

いくら給料が高くても、地元を離れるは絶対にイヤ、けど独立のためにお金を稼ぎたいという2つの希望を叶えるために派遣勤務を選びました。

現在、首都圏での時給相場よりも600円以上高い、時給3,500円で勤務していただいております。
更新を重ねて1年以上勤務していただいています。1ヶ月190時間の勤務をして、残業代込みで年収約830万円を稼いでおります。Kさんの年齢で首都圏で年収約830万円を稼ぐのは、正社員ですとほぼ不可能ですが、派遣ならばこれだけの高額年収が稼ぐことが可能です。

Kさんは「前の職場にいたら20年経ってもこの収入は得られなかっただろうなぁ」とおっしゃっていました。

「年収計算方法」
時給3,500円 × 160時間   = 56万円
残業時給4,375円 × 30時間  = 13万1250円
56万円 + 13万1250円    = 月収69万1250円
月収69万1250円 × 12ヶ月 = 年収829万5000円

◇子育てとの両立を考えた女性薬剤師さんが単発派遣を選ぶ

30代後半のCさん(女性)は、結婚から出産するまでの間、家庭とのバランスを見ながら週3日パートで調剤薬局に勤務していました。

元々は出産後に産休を取りパートで勤務していた薬局に復帰を考えていましたが、予想以上に小さいお子様の子育てに苦労されて、働けるのはご家族がお子様を預かってくれる「週1日」だけになりました。しかも曜日固定ができないため、パートで勤務していた薬局との都合が合わなくなってしまいました。

「もう働けるところってないのかな。曜日が決まってなくて週に1日しか働けないのなら復職は難しいかも」と思っていましたが、Cさんが選んだのは、「単発派遣」という働き方でした。どういう働き方かと言うと毎月、月末に翌月の働ける日を担当営業に伝えて、その日に合う求人をその都度案内してもらうという方法です。

「単発派遣って日雇い派遣のイメージがあって最初は敬遠していたけど、曜日に関係なく週に1日だけでも働けたことにびっくりしています。しかもパート勤務の時より500円高い、時給2,700円で働けているのも嬉しいです♪」

◇海外留学中に、夏休みの2ヶ月の期間限定で働く

40代前半のHさん(女性)は、海外に留学しており毎年夏休みの期間に帰国して、1年に1回2ヶ月間の期間限定で派遣勤務をしています。海外にいる時には、メールでやり取りを行って、いつからいつまで働けるのか、希望条件等をヒアリングして、求人の案内もメールで行い、Hさんが帰国する前にはすでに仕事が決まっている状態です。

2ヶ月間という期間を決めた勤務が出来るということと、帰国前に就業先が決まっているのも事前面接のない派遣だからこそ可能です。

「本当に便利な働き方ですので、次の帰国の時もアプロさんのところで派遣勤務する予定です。2ヶ月たったら海外にいく事が決まっているので退職交渉をしなくて済むのも派遣ならではです。だって辞めるっていうのもなんだか言い辛いでしょ?」とHさんはおっしゃっておりました。

◇派遣勤務だとシフトの希望が通りました!

50代半ばのMさん(女性)は、以前パート勤務をしていましたが、派遣勤務に乗り換えた方です。
現在は同じ企業の2つの店舗を掛け持ちして週に3日勤務していただいております。

「パート勤務の時は、休みの希望日の申請の際に、同僚から嫌味を言われたり、薬局長に直接お願いされて断り切れなかったりと、なかなか私の思い通りの休みが取れずに、働きたくないのに働かなければいけないという状況だったんです。正直、旦那の稼ぎもあるし、子供もお金がかからない年齢になっているので、そこまで働きたくなかったんですよね」

なかなか休みがとれない状況に嫌気が差してシフトの希望が通りやすい薬局で働きたいとアプロにご相談いただいた時に、こちらからご紹介したのが、派遣の求人でした。派遣勤務の場合、担当営業が薬剤師さんと企業の間に入って、シフト調整を行いますので、前職の時のように自分の希望が通らないということも無くなりましたし、休みの申請を出す時の無駄なストレスも無くなりました。ただあなたの希望をおっしゃっていただければ後は担当営業が代行します。

「初めての派遣勤務で、最初は労働条件が悪いんじゃないの?と疑っていましたが、いざ働いてみると、仕事内容もパートの時とほとんど変わりませんし、担当営業の方が親身に相談に乗ってくれるので楽させていただいています」とMさんはおっしゃっていました。

◇派遣薬剤師だからこそ、様々な職場を経験し成長できる

20代後半のSさん(女性)は元々、大手調剤薬局で新卒から6年間勤務されて最後は管理薬剤師も経験していました。
新卒から1社だけの経験しかなく他の薬局の情報を知らなかったため、週休2日が取れず、22~23時までの勤務する毎日が、当たり前だと思って過ごしていました。ところが、ある日大学の同窓会に出席したら、「18時の定時で帰る人」、「完全週休2日でプライベートと仕事を両立している人」、「結婚を機に週3日だけパート勤務をしている人」などの多様な働き方をしている同級生を目の前にして、自分自身このままの生活で良いのかと不安にかられ転職を決意しました。

そこで30歳目前のSさんは今後のキャリアを考える上で、視野を広げることが重要だと考え、1年間限定で派遣勤務を選びました。実際の働き方としては、2~3ヶ月ごとに、「OTC」、「OTC併設の薬局」、「大学病院の門前薬局」と、複数の店舗で勤務して勉強を続けています。

Sさんから「投薬業務がメインでしたが、働く職場ごとにルールがあり、今まで働いてきた薬局と全然違う!と最初は戸惑ったのも覚えています。しかし1社目だけでは分からなかったことが沢山あり、OTC薬にも触れられ、幅広い科目を経験し勉強になっています。自分のキャリアを考える上で一度派遣という働き方で多くの職場を経験できたことは正解だったと思います」というお声をいただいております。

薬剤師の派遣求人を探す