【薬剤師・派遣】不安1:「自分のやりたい事」と「薬剤師の派遣」を両立できるの?

派遣勤務を希望される方には「私はやりたいことがあるので、土曜日・日曜日しか働けません」「家事をしなければいけないので17時までしか働けないんです」といった勤務時間に対しての制限があることに、不安を感じる方が多くいらっしゃいます。そして、みなさん最後に、「それでも勤務できますか?・・・」とご質問されます。

■派遣勤務の「時間」について

派遣勤務のメリットとして、【働く時間(曜日・時間帯)、働く期間について融通が利く】ということが挙げられます。例えば、正社員だと、基本的には週40時間近く働かなければなりません。パートで、週に2~3日の勤務の場合でも、働く曜日や時間は固定されています。そして、決まった労働時間以外でも急な残業が発生したり、同僚のお休みのために代理で出勤したりすることがあります。

しかし、派遣は働く期間(曜日・時間帯)を、あらかじめ契約で決めてから働きます。つまり、あなたが希望すれば「残業ナシ」「◯時間だけの勤務」と最初に決めた条件で働くことが可能なのです。

たとえば、パート勤務のように、週に2~3日、指定の曜日だけ勤務がしたいというご要望ももちろんお受け出来ますし、週1日から、月1日から、でも勤務可能です。

また、働く期間もご自身の都合で決めることができます。たとえば、2か月後には旦那さんの転勤についていくため、それまでの期間だけ勤務する、近いうちに留学を考えているので、それまでの間だけ勤務する、という方もいらっしゃいます。

ただし、派遣期間について1点だけ注意があります。派遣契約の期間中は余程のことがなければ、期間の途中で終了できません。契約を結んだ期間中は勤務しなければなりませんので、ご注意ください。

■派遣薬剤師の柔軟性

派遣期間はだいたい1日~2ヶ月の契約となるため、短い期間で職場を変えることができます(中には1年以上も同じ薬局で働く場合もありますが)。そのため、派遣という働き方は、タイミングごとにベストな職場を選んでいただけるというメリットがあります。

例えば、育児をしているお母さんの場合、お子様が大きくなるにつれて、状況が変わります。小学校に入って今よりもう少し働く時間がとれそう、中学校にあがってそろそろフル勤務ができそうだ、というように変化していきます。その時に、派遣であれば「今よりも、勤務時間を増やす」「今よりも、勤務日数を増やす」ということがしやすいのです。短いスパンの中で、あなたのご希望に合わせてベストな選択肢を選ぶ事が可能です。

その逆もまた、可能です。「今は派遣で毎日勤務しているが、両親の介護をすることになったので、働く日数を減らしたい」そんなご要望にも“柔軟に”お応えできます。

■有給休暇も取得可能です!

あまり知られていないのですが、派遣薬剤師でも、法定通りに有給休暇を取得でき、勤務実績に応じて有給休暇が付与されます。取得に関しては店舗様とのシフトの相談により、可能となります。また、有給休暇取得日に関しては、勤務時給をお支払いしておりますので、ご安心ください。

薬剤師の派遣求人を探す