薬剤師が単発派遣で求められる「即戦力」って?

考える白衣の女性の写真

単発勤務をする際に、よく聞くご不安として、
「私のスキルで大丈夫かしら?」
「どんな仕事を任されるか不安・・・」
といったお声があります。

確かに単発で勤務する派遣薬剤師に
「即戦力」を求める声は強いですが、
ではその「即戦力」とは一体どのようなことを指すのでしょうか。
ここでは業務のメインとなる内容を見ていきましょう。

■単発派遣での業務って何がメインになるの?

薬剤師の単発派遣に求められる「即戦力」とはいったい何でしょうか?
実は、単発勤務に求められる「即戦力」とは
「投薬」ができるかどうか
なのです。
スポットの勤務では、どうしても投薬中心の業務になりがちだから
という理由があります。

1日単位で単発勤務をする場合、薬局の薬の配置や調剤器具を覚えて調剤を行うことは難しいですよね。
調剤作業は正社員や自社で雇用しているパートさんに任せて、派遣で来た薬剤師さんには投薬をお願いするという薬局が多くなっているのです。

ですので、クリニック系の一般的なお薬の投薬
(例えば、慢性系の内科疾患・花粉症などメジャーな疾患)の経験さえあれば、
十分に「即戦力」として勤務が可能です。
投薬をメインで行いながら、空いた時間に薬歴の記入を行うのが一般的な業務の流れです。
余談ですが、最近は電子薬歴を使用する薬局が増えていて、紙薬歴を使用することはあまりないそうです。

また、スポットの薬剤師の受け入れに慣れている薬局や企業では、
「派遣向けマニュアル」を用意している場合もあります。
当日の流れや派遣先独自のルールなどを記載しているものになるので、
初めて派遣で勤務する薬剤師さんや不安がある薬剤師さんでも
安心して勤務をスタートできます。
勤務に関して何か不安がある方は事前にマニュアルの有無を確認するか、
派遣会社の担当に不安や疑問点を相談して
安心して勤務をスタートできるようにするのがおすすめです。

■「私って即戦力になるかな?」と不安な薬剤師さんへ

自身のスキルに不安な場合は、ぜひその旨を弊社にご相談ください!

その場合は、
・あなたのこれまでの経験に沿った科目の薬局をご紹介
・単発の受け入れに慣れている薬局をご紹介

させていただきます。
自身の経験・スキルに不足を感じている方も
安心してご勤務いただけるようサポートします。

ただし、スキルや経験といった話ではなく、
「薬剤師の中でも単発派遣ができない方」もいらっしゃいます。
では、掛け持ちで派遣勤務ができる、できないは
どのように決まるのでしょうか。

■薬剤師の中で「掛け持ち」で派遣勤務できる人

まず、例外を除き基本的には
30日以内の短期契約での派遣勤務(=単発勤務)は
法律で認められていません。

例外にあたるのは、
・60歳以上の方
・学生(雇用保険の適用を受けない学生)
・年収500万円以上の方(副業として働く場合)
・世帯収入の額が年間500万円以上であり、主たる生計者以外の方

このいずれかに当てはまる方です。

「世帯年収が500万円以上であり、主たる生計者以外」というのは、
両親やパートナーと同居していて、
自分の年収が世帯年収の半分以下である場合のことを指します。

上記の条件を一つでも満たしている場合は、
単発勤務をすることが可能です。
ここでポイントとなるのは、学生やシニアでなくても
ご自身の年収または世帯年収が500万円を超えている場合は、
単発勤務をすることができる
という点です。

■薬剤師の中で「掛け持ち」で派遣勤務できない人

また薬剤師の中でも、
「掛け持ち勤務ができない人」が法律で定められています。
掛け持ち勤務ができないのは以下の3つのパターンがあります。

・公務員の薬剤師
公務員は法律によって、副業が禁止されています。
そのため公務員として働く薬剤師は、
副業として掛け持ち勤務をすることができません。

・管理薬剤師
薬局などで管理薬剤師をされている方も
掛け持ち勤務をすることができません。
こちらも法律で禁止されているため、
掛け持ち勤務をすることができません。

・いまの職場で副業が禁止されている
こちらは法律としては禁止されていませんが、
社内規定や就業規定で副業が禁止されているパターンです。
これは各々の会社ごとに違いますので、
社内規定を十分に確認する必要があるでしょう。

これまでの記事をお読みいただいて、
単発求人への興味は持っていただけましたか?
次のページでは「単発勤務の適正チェックリスト」を記載しています。
ぜひあなたの適正を確認してみてください。

続き:単発勤務の適性チェックリスト