宮城県の薬剤師求人情報一覧

震災を経て、支援活動の向上にむけて
2011年に起こり、世界でも4番目の規模となった東北地方太平洋沖地震の震源地となった宮城県。
宮城県薬剤師会では、震災後の支援活動を教訓に、災害時の支援活動強化策事業を進めています。その中心となるMobile Pharmacy(MP)が完成しました。
Mobile Pharmacy(MP)とは、ライフライン喪失下の被災地でも、各種医薬品を供給することの出来る自立自動型のキャンピングカーの車両をベースとした、調剤仕様車両です。移動薬局の車両にとどまらず、調剤しながらの情報収集・継続的に記録していくものを目指しています。調剤設備はほぼ薬局の店舗と変わらないものを設置し、医薬品は300~500品目搭載できるキャパシティ。通信設備関係では、医療チームと連携を取るための業務用無線の他、音声映像情報を確保できるBSアンテナも搭載されています。これらの重要な電源確保も様々なパターンを想定し、自家発電装置にソーラーパネル、走行用・電源用バッテリーも搭載されているスーパーカーが完成しました。
宮城県薬剤師会は「昨年、全国からたくさんの資材の提供があったが、調剤が出来ず交付が出来なかった」という想いからMPを製作。また、完成はまだ体制の一環ということで、さらに災害時支援活動体制を深めることが出来るよう、取り組んでいます。

薬剤師の転職相場に関して
宮城県は、北海道の札幌市同様、仙台市に多く薬剤師が住んでおります。
仙台市では年収は400万~500万の求人が多く、パート時給も1,800~2,000円が相場です。
薬剤師が住む地域が仙台市に大きく偏っているため、他の地域では慢性的に薬剤師が不足している状況が続いています。札幌市同様、仙台市以外の地域では年収で100~200万多く、パート時給も2,000円以上の求人も多いです。もちろん経験年数によって若干の変動はございますが、かなりの地域差があるのが現状です。

検索条件を変更する
この条件にマッチした求人1,239
都道府県
市区町村
こだわらない

都道府県を選択して下さい

× 閉じる

雇用形態
     
業種

絞り込み検索
こだわらない
フリーワード検索

都道府県 宮城県
市区町村 こだわらない
雇用形態 こだわらない
業種 こだわらない
絞り込み条件 こだわらない
フリーワード -
検索条件を変更する
この条件にマッチした求人1,239
都道府県
市区町村
こだわらない

都道府県を選択して下さい

× 閉じる

雇用形態
     
業種

絞り込み検索
こだわらない
フリーワード検索

1〜10件(全1239件中)