福島県の薬剤師求人情報一覧

原発事故後の放射線に対する正しい情報
約13.782㎢と、全国3位の面積を持ち、「うつくしま、ふくしま」というキャッチコピーのよく似合う雄大な福島県。
2011年度に発生した東日本大震災の中で起こった、福島原発事故。現在、当初のような混乱は静まりましたが、まだ様々な問題を抱えています。その改善事業の中でも福島県薬剤師会は、地域に根ざした薬剤師として日々試行錯誤をし、問題解決に取り組んでいます。
災害直後、真偽がはっきりとしない情報ばかりが溢れていて混乱し、ただただ不安になっていた状況を少しでも改善するため、地元の薬剤師会では正しい放射線量の測定を始めました。この活動は、“子供たちへの影響”という住民の不安要素を取り除くことを中心とし、福島県薬剤師会と学校薬剤師会が共同で、スタートしました。学校や保護者に正しい情報を知っていてもらうため、薬剤師が小中学校の放射線量を測定し、独自に情報提供を行い、更に正確・信用性を明確にするため、定期的に行われました。また、放射線に関する正しい情報を知っていてもらうため研修会も開かれています。福島県薬剤師会は、医療に従事する者として適切な情報・判断力を最大限に生かし、常に住民に正しく発信できるよう努めています。

薬剤師の転職相場に関して
福島県内で薬剤師の人気が高いのが福島市・郡山市・いわき市の3都市です。郡山市では2005年に奥羽大学薬学部が設置され、いわき市では2007年にいわき明星大学薬学部が設置されたことで、 2011年からは福島県の薬剤師就職市場に新たに新卒薬剤師が登場してきています。
2大学の薬学部設置に伴い、県内の薬剤師不足も解消するかに思われていましたが、2011年3月の東日本大震災以降、福島県を離れた薬剤師も少なくなく、現状は依然として県内全体で薬剤師不足の傾向が続いています。年収相場は450万以上の求人が多く、震災で影響を受けたエリアでは600万以上の高額年収の求人が多くございます。

検索条件を変更する
この条件にマッチした求人1,084
都道府県
市区町村
こだわらない

都道府県を選択して下さい

× 閉じる

雇用形態
     
業種

絞り込み検索
こだわらない
フリーワード検索

都道府県 福島県
市区町村 こだわらない
雇用形態 こだわらない
業種 こだわらない
絞り込み条件 こだわらない
フリーワード -
検索条件を変更する
この条件にマッチした求人1,084
都道府県
市区町村
こだわらない

都道府県を選択して下さい

× 閉じる

雇用形態
     
業種

絞り込み検索
こだわらない
フリーワード検索

1〜10件(全1084件中)