面接の心得

面接は、自分が会社で何が出来るかをアピールする場。自分に自信を持ち、より効果を発揮する実践的なビジネスマナーで挑みましょう。

応募者の目的

自分に適しているかどうか。

面接の流れ

(1)挨拶

第一印象は重要。
入室20秒で印象は決まる。(第一印象は、6秒)


  • 身だしなみ…清潔感のある服装・髪型
    (寝癖・目が隠れる・フケ)など
  • 挨拶の仕方…首だけ曲げて挨拶しない。
  • 笑顔…さわやかな笑顔。

(2)導入

自己紹介・自己PR・志望動機など

  • 元気のよい態度で面接担当者の目を見て解り やすく話す。
ポイント

提出書類のコピーを持参。
(覚えておくに越したことはないが、緊張して真っ白になった時のお守り代わりに)

(3)本論

職務経験・自分が出来る事など

  • 面接を受ける会社・病院で自分に何ができる か何を期待できるかを自信をもって述べる。
ポイント

情報の下調べをしておく。

  • 面接担当者が話をしている時は相手の目を見 てうなずき相槌をうつ。

(4)終了

  • 質問を促された時は前向きな質問を2,3用意 しておく。
ポイント

まだ選定段階なので給料の件は控える。

  • 退出時に面接のお礼の挨拶は忘れないように。

好感のもてる言葉

  • 立場、役割の自覚
  • 礼儀・基本の徹底
  • 明るさと健康
  • 品性と教養
  • 連帯感
  • 魅力ある社会人
  • まごころと誠意
  • チームワークこれらを発言に取り入れると好まれる。