【薬剤師・派遣】単発求人の多い地域、少ない地域。東京は?大阪は?

ここでは単発求人の「勤務地」にフォーカスした情報を
お届けしたいと思います。

ご存知だとは思いますが、
単発求人が多いエリアと少ないエリアが存在しています。
そこをエリア別で見ていきましょう。

 

“【薬剤師・派遣】単発求人の多い地域、少ない地域。東京は?大阪は?” の続きを読む

【薬剤師・派遣】薬剤師の単発勤務はこんなに増えています

近年、薬剤師さんの働き方の中で、
急激に増加しているのが「単発のアルバイト」です。
医師が「スポットのアルバイト」をすることは広く認知されていますが、
その感覚が同じく医療系の薬剤師さんにも広がっています。

そしてこのトレンドは今までとは、明らかに違う傾向です。
では、どれぐらい増えているのでしょうか?
このページでは、アプロの実績をベースに
具体的な数字をご紹介します。

 

“【薬剤師・派遣】薬剤師の単発勤務はこんなに増えています” の続きを読む

【薬剤師・派遣】「漢方」に興味があるあなたへ

「漢方の取り扱い」がある薬局で働きたいという声をよく聞きます。
ただし、「漢方の取り扱い」については大きく2つあり、「きざみ漢方」なのか、「既製品」なのかということは大きな違いです。
求人においてどちらが多いかというと、後者であり、「きざみの漢方」は漢方専門薬局がほとんどのため、求人はさほど多くありません。

 

“【薬剤師・派遣】「漢方」に興味があるあなたへ” の続きを読む

【薬剤師・派遣】「週休2日」「年間休日120日」の正しい意味

「週休2日」「年間休日120日」などの表記が求人情報には記載されています。
ただし、具体的に「週休2日」「年間休日120日」の表記の意味を理解している方は少ないと思います。
また「週休2日」に「祝日」は含まれるのか含まれないのかも非常に気になることだと思います。

 

“【薬剤師・派遣】「週休2日」「年間休日120日」の正しい意味” の続きを読む

薬剤師が在宅求人で見るべき2つのポイント

「在宅業務」には「個人在宅」と「施設在宅」の2つがあります。
「在宅業務をしたい」という場合、個人在宅をイメージしていると思います。
しかし、実態を把握しておかなければ、思っていたものと違う、ということになりかねません。
では、「個人在宅」と「施設在宅」では、どのような違いがあるのでしょうか?以下にまとめてみました。

 

“薬剤師が在宅求人で見るべき2つのポイント” の続きを読む

【薬剤師・派遣】週○日以上で働ける薬局の意図

パートや派遣の求人の場合、「週○日以上から可能」という記載を目にします。
この「週○日以上から可能」は「曜日固定」を意味することが多いです。

薬局側の意図としては、週○日の人員を見込むことで、正社員の休みを調整したいと考えております。
そうした場合、「曜日固定」をした方、正社員も休みの把握がし易いと考えているようです。
また、「曜日固定」ではない場合は、「単発」や「応相談」という記載をしていることが多いです。

 

“【薬剤師・派遣】週○日以上で働ける薬局の意図” の続きを読む

【薬剤師】年収・時給に関する2つのチェックポイント

求人票のなかで、もっとも気になる条件は、「年収 / 時給」だと思います。
たいていの求人票は、『400万円~600万円』などのように記載がされております。
この見方は、「最低保証額」から「最高金額」という意味です。
ここで注意したいのは、この金額はあくまでも想定であって、自分がそのままもらえる年収ではないということです。
しかもあくまで想定ですので、経験年数や将来の期待値でどうとでも変更されるものだとお考えください。
したがって、「最低保証額が低いから、年収が低い求人」と決めつけるのは勘違いなのです。

 

“【薬剤師】年収・時給に関する2つのチェックポイント” の続きを読む

【薬剤師】派遣のメリット・デメリット

派遣とは、一般派遣と特定派遣があり、薬剤師の仕事は一般派遣に該当します。
一般派遣とは、派遣で働こうとする人が派遣会社に登録を行い、派遣会社に派遣先を紹介してもらう働き方です。
派遣先が決まり、就労を開始する時点で派遣会社と雇用契約を結ぶことになります。
その流れを指して登録型派遣とも呼ばれており、一般的に派遣といった場合、多くはこの形態を指します。

 

“【薬剤師】派遣のメリット・デメリット” の続きを読む