【薬剤師】パートでの働き方

「月曜と金曜だけ」や「午前10時~午後3時」といったように、正社員よりも働く日数や時間を短くすることができるのがパート社員です。

薬剤師さんの中にはパート勤務で週20時間程度働いたり、扶養の範囲内で週1、2回だけ働いたりする方もたくさんいらっしゃいます。
薬剤師さんがパートとして働くときには、このように自分のライフスタイルに合った働き方ができることが一番のメリットです。

時間の都合がつきやすいという面では派遣と比較して考える薬剤師さんも多くいらっしゃると思います。
このコラムではパートと派遣の違いや、薬剤師さんがパート勤務をしたときにどのような働き方ができるのかを解説していきます。 “【薬剤師】パートでの働き方” の続きを読む

【薬剤師】正社員で働くメリット・デメリット

新卒で就職活動をする、もしくは転職をしたいと考えたときに、正社員として就職・転職したいと考える薬剤師さんも多いと思います。
週5日、8時間のフルタイムで働くとすると、多くの薬剤師さんが正社員での雇用を選択するのはどうしてでしょうか。 “【薬剤師】正社員で働くメリット・デメリット” の続きを読む

【薬剤師】派遣のメリット・デメリット

派遣とは、一般派遣と特定派遣があり、薬剤師の仕事は一般派遣に該当します。
一般派遣とは、派遣で働こうとする人が派遣会社に登録を行い、派遣会社に派遣先を紹介してもらう働き方です。
派遣先が決まり、就労を開始する時点で派遣会社と雇用契約を結ぶことになります。
その流れを指して登録型派遣とも呼ばれており、一般的に派遣といった場合、多くはこの形態を指します。

 

“【薬剤師】派遣のメリット・デメリット” の続きを読む