「扶養内」とは

扶養家族の範囲で働きたい…弊社に寄せられるご相談にこんな声があります。
ではそもそも「扶養内・外」とはどんなことでしょうか?そして扶養内で働く際に気をつけなければいけないことは?以下にポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

また「扶養内での働き方」をまとめた特別レポートもご用意いたしました。
今なら無料でダウンロードが可能ですので、ぜひご一読ください。

基準(1)所得税

所得税については年収が103万円以上の場合、課税対象。
例えば年収150万円の場合は、103万円を超える所得である47万円に対して所得税がかかります。

年収が103万円以下の場合、その配偶者は「配偶者控除」を受けることが出来ます。
この配偶者控除は年収141万円まで段階設定がされているため、いくら働いても「世帯全体での収入が減る」ということはありません。
⇒「働きすぎて損」ということはありません。

基準(2)所得税

住民税については年収が100万円以上の場合、課税対象。
例えば年収150万円の場合は、100万円を超える所得である50万円に対して住民税がかかります。
⇒「働きすぎて損」ということはありません。

基準(3)健康保険・厚生年金

健康保険・厚生年金については、年収が130万円以上の場合、納入の義務が発生。
⇒150万円程度まで年収を増やさないと、手取り額は減少してしまう。
ただし、年金については「将来の年金受取額」が増えることに注意。

基準(4)その他

配偶者が勤務先から「家族手当」などを受け取っている場合、その規定に注意が必要。

例えば、家族手当の支給が「配偶者の年収が130万円以下」と規定されていた場合、それを超えてしまうと「世帯全体での収入が減る」ことが起こりえます。仮に家族手当が月1万円だとした場合、年収で12万円を上回る収入がなければ、世帯としての収入が減ってしまうこととなります。