スタッフブログ

薬剤師の仕事・働き方・キャリアに関するトピックスから、最新の薬剤師求人、派遣や単発派遣に関する法律やルールまで。薬剤師の最新事情に精通したアプロ・ドットコムのスタッフが、就職・転職に役立つ記事を配信いたします。

薬剤師のライフスタイル

2024.06.03

派遣薬剤師・パート薬剤師から正社員をめざすメリットは?

笑顔の薬剤師女性
  • 薬剤師
  • 派遣
  • パート
  • 正社員
  • 仕事
  • キャリア

薬剤師の場合、派遣薬剤師やパート薬剤師として働いても高収入が実現できます。そのため、「派遣やパートのまま働き続けてもいい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、正社員ならではの仕事や待遇もあります。今回は、派遣薬剤師・パート薬剤師として働いている人が正社員をめざすメリットを紹介します。

管理薬剤師やマネジメント職をめざせる

正社員薬剤師の一番のメリットはキャリアアップができることではないでしょうか。スキルアップし、キャリアアップしながら薬剤師として働き続けたいという気持ちがあるならば、正社員になるのが近道でしょう。

雇用形態ごとに担当できる業務内容が違う企業が多いのも現状です。派遣薬剤師やパート薬剤師は、基本的に店舗での調剤業務を行っていくのに対し、正社員になると難易度の高い仕事や、責任のある多様な仕事を任されます。正社員はあらゆる業務を担当できるため、やりがいという意味でも正社員は優位でしょう。

正社員になると、研鑽のために研修や勉強会などスキルアップの機会を企業が用意してくれることがほとんどです。チーム医療の一員として在宅業務を担当したい人や、かかりつけ薬剤師の資格を取得して地域医療に貢献したい人は、正社員の方が資格取得要件を満たしやすいうえに、資格取得に必要な研修を勤務先企業がサポートしてくれる場合もあります。

正社員として店舗のマネジメント、在庫管理など店舗運営に関わる仕事や資格が必要な仕事など、責任あるさまざまな業務を経験し、管理薬剤師やエリアマネージャーなどのより経営層に近いマネジメント職にもつくことができます。

収入が安定する

正社員薬剤師のメリットとしてわかりやすいのは、収入が安定することです。派遣やパートの場合は時給なので、勤務が多い月は収入が多く、勤務が少ない月は収入が少なくなります。自分の都合ではなく、企業側の連休などで休みが増えると急に収入が少なくなることもあります。正社員の場合、毎月の給与が決まっているため、勤務日数による給与の増減は起きません。

正社員は、勤続年数や昇進・昇格による昇給、資格取得による手当などが得られます。ほとんどの企業で賞与が支給されますし、一定期間以上勤続した場合は退職金も支給されます。また、薬剤師は転職が比較的活発なこともあり、住宅手当、家族手当などの各種手当や福利厚生、産前・産後休業、育児休業、介護休業、時短勤務などの各種制度を充実させている企業が多くあります。

正社員として働くと収入が安定し、定期的な昇給が望めますが、ベースになる給与アップが望めるタイミングは転職時です。正社員として転職する際に、給与アップをめざすのがよいでしょう。

長く働きやすくなる

一般的に正社員とは、企業に正規雇用された労働者のこと。企業と雇用者の間に雇用期間の取り決めがない無期雇用のため、定年まで働くことが可能です。派遣の場合は同じ職場で3年以上働くことができません。有期雇用の多くは、人手不足を補うためなので、契約が更新されるかどうかは保証されていません。

企業側は長く働くことを前提に雇用していますので、金銭面や待遇に加え、研修や勉強会に力を入れていることがほとんどです。正社員薬剤師として、最新の情報を知り、知識や技能を深めることは自分のためになり、企業側からも評価されます。

また、資格取得を推奨・支援してくれる職場の場合、認定薬剤師や専門薬剤師の資格取得をめざす人向けのバックアップや取得後の昇給などもあります。長く働けるからこそ、自分のキャリアプランに合った企業を選ぶことが大切です。

ドラッグストアや病院、企業など将来のキャリアの選択肢が広がる

薬剤師の勤務先として一番多いのは調剤薬局です。また、派遣薬剤師やパート薬剤師が働ける場所というと、調剤薬局かドラッグストアがほとんどではないでしょうか。特に派遣薬剤師が病院で働けるのは、正社員薬剤師が産休などで休職中の期間限定の求人のみです。そのため、薬剤師の勤務先はほとんど調剤薬局かドラッグストアしかないと認識している人も多いかもしれません。

しかし、正社員で仕事を探すと話は変わってきます。正社員であれば、病院や一般企業を含めて、さまざまな会社で薬剤師の資格を活かして働くことが可能です。病院などの医療系施設、製薬会社、化粧品会社、研究機関、衛生関連の行政機関、医薬品関連のコールセンターなど、職種は多岐にわたります。

患者様、お客様に対面で対応するサービス業以外の仕事やオフィスでのデスクワークなども選択できます。自分の適性や将来についてよく考えて探しましょう。

調剤薬局やドラッグストアで働く場合も、正社員であればより難易度が高く責任ある仕事ができるので、派遣やパートの仕事内容とは違ってきます。正社員になるとその企業で何ができるのか、しっかりと確認するようにしましょう。

正社員薬剤師をめざすならアプロ・ドットコム

正社員に転職してスキルアップ、キャリアアップをめざしたいと思ったら、アプロ・ドットコムにご相談ください。正社員の転職は、派遣やパートと比べると採用までに時間がかかり、履歴書や職務経歴書、面接の対策など準備も必要です。

薬剤師業界専門で25年以上の実績を誇るアプロ・ドットコムなら、経験豊富なキャリアアドバイザーが丁寧なヒアリングと適切なアドバイスで転職をサポートします。求人情報をチェックして、働きたい仕事があれば、無料サポートに登録してください。

薬剤師の求人情報はこちら

無料サポート登録はこちら