余ったジャガイモで簡単ガレット - アプロちゃんねる

余ったジャガイモで簡単ガレット

前回ご紹介したミルフィーユグラタン

実際にうちのスタッフが作ってみたのですが、

その際に一つ問題が発生したそうです・・・
 
「ジャガイモのスライスを作りすぎて余った!」

・・・というわけで、今回は、
スライスしたジャガイモで、カンタンに作れるガレットをご紹介します!
 
 
a0008_000781.jpg
 

 

■あらすじ

 
 じゃがいもをスライスします。
 フライパンで両面焼きます。以上。
 
 ・・・ってオイ!このシリーズ最短のあらすじ。
 でも、ホントにそれぐらいの簡単さなのです!
 
 
 アレンジ次第でいくらでも応用がきく、シンプルさがウリですよ☆
 
 imagesCAWOOBP5.jpg←アレンジ次第で、こんなおしゃれに!

  エビのローストと葉野菜をトッピングしてます。
 
 ・・・あ、もちろん、こんなの私が作ってませんよ!
 お店の写真を拝借しております(苦笑)
 
 
 
 
 
■材料
 
 ・じゃがいも (作りたい分だけ)
 ・塩コショウ (少々)
 ・小麦粉 (詳しくは以下参照)
 
 
 
 <アレンジ用 ※「例えば・・・」程度に考えておいてください>
 ・粉チーズ
 ・トッピング用野菜
 ・トッピング用魚介 ※魚介類と相性が良いです
 
 bp_recipe491_1.jpg トッピング例(あ、これもパクリです;;)
  
  
 
■調理手順
 
 
 ①ジャガイモをスライスします。
 
 ~今回は、前のスライスの余りを使いますが、細切りにしてもOK
  今回唯一のポイントですが、
  スライスしたジャガイモは水にさらさないこと!
  デンプンが抜けて焼いた時にまとまらなくなります。
 
 
 
  ※「水にさらしちゃったよ!」というおっちょこちょいさんは、
   つなぎに小麦粉を大さじ1ぐらい混ぜてください。
 
  IMG_0343.jpg
  
 
 
 ②フライパンにオリーブオイルを敷き、じゃがいもを焼きます。
  塩コショウや粉チーズなどでお好みの味付けをしてください☆
 
 ~焼く前にジャガイモの水気は絞ってね。
  じゃないと跳ねます(^^;;)

 IMG_0347.jpg IMG_0348.jpg
 
 
 
 
 ③ときどき、フライ返しなどでぎゅっと押し付けます。
 ~まとまりよく、カリッとした食感になります。
 IMG_0349.jpg
 
 
 
 ④両面をこんがりと焼いたら完成!
 IMG_0350.jpg
 今回は、ハーブソルトで味付けをしました。



■女性のための活用方法
 
 その1:再三言ってますが、とにかくトッピングでいくらでもおしゃれになります。
      色目が地味なので、盛り付けはちょっとでも赤みを入れるとグッとしまります。
     IMG_0351.jpg←これは自分でやりました(笑)


 
 その2:両面を焼いた後、具材とチーズを乗せて弱火で少し火を通すと、
      ピザのような感じで仕上げることも可能です☆



■どうでもいいウンチク
 
 ジャガイモは皆さんご存知の通り、
 「南米アンデス中南部山地の原産で、
  スペイン人によってヨーロッパにもたらされ、その後全世界に広まっていった」
 とされています。
 
 
 
 日本にジャガイモが日本に伝来したのは、1600年頃のことで、
 オランダ船によってもたらされたそうです。
  
 
 
 しかし、驚くのは、このときのジャガイモは、
 食用ではなく、お花を見る観賞のためだったそうですよ!
 
 
 
 thumb5.jpg
 ↑確かにきれいなジャガイモの花
 
 
 
 
 ・・・ん? なに?
 
 
 
 「ウンチクが弱くないか?」って?
 
 
 
 
 ・・・え? なに?
 
 
 
 「オチも弱くないか?」って?
 
 
 
 
 
 ・・・。
 
 
 
 
 
 
 ・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 このブログは・・・
 
 
 
 拙いオチに干渉せずに、あたたかな目で観賞してください(涙)
 
 
 
 あんまり厳しいご指摘は、ショックよ!(=食用)
 
 

・・・なんつって(ToT)