実録OTCその6 前編 ゲンゴローの意思を継ぐもの  - アプロちゃんねる

実録OTCその6 前編 ゲンゴローの意思を継ぐもの 

 ゲンゴローの定期テストから早2カ月


 今回はゲンゴローの意思を継ぐ者の物語なのである。


 その名はニシカワ

 ゲンゴローの1年後輩の現在29歳。
 尊敬する先輩のゲンゴロー負けず劣らず料理経験はほとんどなし。

 そんな彼が愛するママ母親の還暦祝いに、

 ついにその封印を解くのであった...。


 a0055_000231 1111.JPG

 

 今回の主人公はニシカワ29歳 独身

 夕飯は松屋・すき家、吉野家で済ます、典型的なサラリーマン。

 

 a0001_016654.jpg
 

 19歳で岩手県から上京し1人暮らしも早10年目。

 そして31歳でニシカワを生んだ母親がついに今年還暦を迎える。

 

 ニシカワは1人頭を抱えて悩んでいた...

 それは還暦祝いのプレゼント!

 母親に還暦祝いのプレゼントを聞いても、 

 ・旅行     膝が悪いから行きたくない
 ・プレゼント この年だし何も欲しいものはない
 (去年の母の日はキタムラのバッグを贈ったが、そんな高いものは受け取れないと...)

 とくにかく旅行もプレゼントも一蹴されていたのだ。

 


 そこでニシカワは遠い昔の記憶を掘り起こしたのだった。
 


 【20年前の母の日】

  母の日になぜか自分の大好物のカレーを作ってあげたことが
  頭の片隅から蘇ってきた。  
  (さすが子供は相手の好みなんてお構いなしww)

 

  はじめて包丁を握り。
  まず野菜を切って、 肉と一緒に炒め、そして煮込み、
  ただカレールーを入れただけのカレー。

  そして彼は思い出したのだった。

  アメ色玉ねぎも、ニンニクも、生姜も入っていないコクのないカレーを
  美味しい、美味しいと、笑顔で食べていた母親の姿を・・・・。

 そうだ!! 

 『何か手料理を作って、喜ばしてあげたい
 思い立ったのだった。
 

 

 しかし

 彼の得意料理はというと、

 ◆レトルトカレー 

 curry.jpg

  (お祝いににレトルトカレーはダメ!)

 ◆どん兵衛

  DSC_2593_597.jpg

  (だめだめ、還暦の人に不健康なもの食べさせちゃ、、)

 

 要するにまったく料理ができません(汗)

 母の日にカレーを作ってあげた少年はどこにいったのやら、、、

 

 何を作ればいいのか、
 何だったら喜んでくれるのか?
 
  そう献立に迷ったら黙って「OTCレシピ集」ですよね。


 そこで彼が選んだのは、
 先日のOTCレシピ集に書かれていたラタトゥイユ」

 

 なぜって???

 ◆還暦 ⇒ 赤いちゃんちゃんこ ⇒ 赤いスープ ⇒ラタトゥイユ

 要するに

 「赤いちゃんちゃんこ」ならぬ「赤いラタトゥイユ」
 プレゼントすることにしたのだった。

 

 

 しかも、コクのないカレーと同じく切って、炒めて、煮込むだけという

 簡単さにも彼は惹かれたんです!

 

 料理を作る成長した姿を見せて、
 手料理で喜ばせてあげたいという一途な気持ちを持って

 そんなマザコン母親想いの青年

 ひとり新幹線に揺られ実家を目指すのだった。

 a1750_000006.jpg 

                               (調理が始まらないのに次回へ続く)


 ................................................................................................

 【次回予告】

 はたしてママ母親の還暦を祝う

 「赤いラタトゥイユ」はうまくできるのか?

 回、実録OTC「祝う還暦。ママが感激!?」

 

 


韻踏んでるけど
別にうまくねーぞ

━━━━━(#`Д´)コラッ