履歴書の書き方|薬剤師求人のアプロドットコム

薬剤師求人・転職・派遣 HOME > 転職ノウハウのご案内 > 履歴書の書き方

履歴書の書き方

履歴書に関しては、「事実を書く」欄が多いため、書く内容に困るということはほとんどないのではないでしょうか。(困るとしたら「志望動機」ぐらいだと思います)
しかし・・・【ご注意ください!】
その「事実を書く」欄については、「書き方のルール」が存在します。例えば、学歴や職歴は、どう記載するのが正しいかご存知ですか?
その一つ一つの細かいルールをここで記載すると、膨大な量になってしまうため、特別レポートをご用意しました。
このページの内容と合わせてご活用ください。

このページでご紹介している内容は、アプロのノウハウのほんの一部です!正しい履歴書・職務経歴書を書きたいあなたは「絶対に失敗しない履歴書・職務経歴書の本」をぜひお読みください。

履歴書の基本的スタンス

まず履歴書とは、あなたの「これまでの経歴を簡潔にまとめたもの」であることを理解しましょう。
したがって、これまでの経歴・資格を簡潔に書くことを意識してください。
また、実際に面接へと選考が進んだ際の「話題のタネ」になるものですから、面接で話したいこと、アピールしたいことを上手に表記することも意識してください。
履歴書は職務経歴書とは異なり「趣味・スポーツ」などを記載する欄もあります。
「話題のタネ」という点から考えれば、ただ「読書・音楽鑑賞」などと書くのではなく、好きな作家名やジャンルを記載することも大切です。

基本

・丁寧に心を込めて書く。
・誤字、脱字に注意。
・記載漏れに注意する。
・手書きの場合、間違えたらもう一度書き直す。(修正シールなどは使わない)
・黒インキまたはボールペンで書く。
・文字の間隔やバランスなど体裁を整えて見やすいものにする。

※以前は「履歴書は手書きが当たり前」という慣例がありましたが、最近はその慣例もなくなりつつあります。特に指定がない場合はパソコンで作成したものでも提出可能です。

好印象を与える写真

・スーツ着用の写真。
・髪型は、清潔な印象を与えるカット。
・少し微笑んでいるような柔和な表情で。
・写真を添付サイズに切る場合は、きちんとまっすぐに。(ハサミを使う場合は特に注意)

内容

・自分の言葉で表現する。(個性のない言葉では、何も伝わりません)
・明瞭簡潔に、読みやすい分量にまとめる。
・一文がダラダラと長くならないように注意。

免許と資格

自分がどれほどの実績をあげられるかを示す免許、資格欄は強調して詳細に書く。

履歴書の顔は「志望動機」

自分を売り込む精神を最大限発揮する重要な部分である。
200文字程度で、簡潔かつ明確に自分の経験と仕事上得意とすること・考えなどをまとめ、志望動機へと繋げる。
企業への志望動機のポイントは、以下の2点。
作成にあたって、念頭に置くようにしてください。

(1)会社への理解・共感
→ なぜ他社ではなく、その会社なのか?
(2)募集職種への理解・熱意
→ なぜ他職種ではなく、その職種なのか?

志望動機の基本事項

・単語ではなく文章で書く。
・経験、事実を踏まえて書く。
・そこから何を得たか書く。
・仕事にどう活かすか書く。

パターン1
前職までに○○を経験してきた → この経験を貴社で活かしたい。
※経験が活かせる職務内容なのか、具体的な活かし方はどのような方法なのか、を詳細に分析・明示することが大切。

パターン2
前職の経験の中で○○と考えるようになった → その思いをこの職で叶えたい。
※思いが独りよがりなものではないか、その思いを企業も大切にしているか(どの点から「大切にしている」と考えたのか)その思いの強さを詳細に分析・明示することが大切。

パターン3
私は社会人として○○な人間になりたい → その思いをこの職で叶えたい。
※思いが独りよがりなものではないか、具体的にどのようにしたら「なりたい自分」になれるのか、その思いの強さを詳細に分析・明示することが大切。

このページでご紹介している内容は、アプロのノウハウのほんの一部です!正しい履歴書・職務経歴書を書きたいあなたは「絶対に失敗しない履歴書・職務経歴書の本」をぜひお読みください。

転職ノウハウのご案内

履歴書・職務経歴書フォーマットダウンロード

特別レポートダウンロード